メニュー

投球障害(野球肘・野球肩)

投球障害肩と肘は、主に野球やソフトボールの投手に見られる障害です。これらの障害は投球の反復的な動作によって引き起こされ、特に競技者にとって非常に重要な関節である肩と肘に影響を及ぼします。

投球障害肩とは

  • 投球障害肩は、野球の投手が肩関節に経験する問題です。
  • 主な症状には、肩の痛み、弱点、運動制限が含まれます。
  • 原因は反復的な過度の投球動作、不適切な投球フォーム、過度のストレス、疲労などが挙げられます。
  • 治療には安静、物理療法、運動療法、投球フォームの修正、時には手術が含まれます。

投球障害肘とは

  • 投球障害肘は、主に野球のピッチャーとして活動する選手によって経験される問題です。
  • 主な症状には、肘の内側に痛み、運動制限、腫れが含まれます。
  • 原因は投球時のストレス、特に速球投球時に腕への大きな負担が挙げられます。
  • 治療には安静、物理療法、運動療法、投球フォームの見直し、時には手術が含まれます。

 

投球障害の診察について

患者からの症状に関する情報収集が診断の出発点です。これには、痛み、腫れ、運動制限、症状の始まりや進行の経過などが含まれます。特に、痛みがどの投球動作時に発生するかを詳しく尋ねます。

 身体検査

  • 医師は肩と肘の関節と周辺組織を検査します。
  • 肩の可動域:肩の可動域に制限があるかどうかを評価します。肩の動きの制限は野球肩の兆候であることがあります。
  • 痛みの特定:特定の動作や抵抗をかけたときに痛みが生じるかどうかを確認します。特に投球動作の模倣を試みることがあります。
  • 筋力と安定性:肩と肘の筋力と安定性をテストし、筋力の低下や不安定性があるかどうかを評価します。

 画像検査

  • 画像検査は、診断の補完として行われます。主な方法には次のものがあります。
    • X線:骨に変化があるかどうかを確認するために使用されます。野球肘の場合、骨棘(ボーンスパーズ)が確認されることがあります。
    • MRI(磁気共鳴イメージング):軟部組織(筋肉、腱、軟骨)の状態や損傷を評価するために有用です。野球肩や野球肘の軟部組織の損傷を明らかにするのに役立ちます。
    • 超音波画像診断装置:当院では、積極的に取り入れています。

関連専門家への紹介

  • 野球肩や野球肘の診断後、必要に応じてスポーツ医師や整形外科医への紹介が行われることがあります。これらの専門家は手術の必要性を評価し、治療計画を立てます。

 

投球障害の治療について

休息と制限された活動

  • 初期段階では、肩や肘にかかる負荷を軽減するために休息が必要です。投球を制限し、関節に負担をかけないようにします。

理学療法

  • 理学療法士が専門的な治療を提供し、痛みの軽減と機能の回復を促進します。
  • エクササイズ:特定の筋肉を強化し、関節の安定性を向上させるエクササイズが含まれます。
  • ストレッチ:筋肉や腱の柔軟性を改善するためのストレッチングが行われます。
  • 電気刺激療法や超音波療法などのモッズコンなど、特定の治療法も使用されることがあります。

薬物療法

  • 炎症と痛みの軽減のために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や鎮痛薬が処方されることがあります。

皮膚内注射

  • 肩や肘にステロイド注射を行うことで、炎症を軽減し、症状の一時的な緩和が得られることがあります。

投球フォームの修正

  • 投球フォームが問題の原因となっている場合、理学療法士によるフォームの見直しや調整が行われることがあります。

手術

  • 重度の投球障害や保守療法が効果的でない場合、手術が検討されることがあります。手術は腱の修復や再建、骨棘(ボーンスパーズ)の摘出などを含むことがあります。

リハビリテーション

  • 手術後や治療の一環として、リハビリテーションが必要です。理学療法士が患者に運動療法やストレッチを指導し、肩や肘の機能を回復させます。

予防と自己ケア

  • 投球障害を予防するために、適切な投球フォームを学び、過度の投球を避け、投球後の適切なケアを行うことが重要です。
  • 適切なウォーミングアップ、クールダウン、ストレッチング、筋力トレーニングを実施しましょう。
  • 体の信号に耳を傾け、痛みや不快感がある場合は休息を取ることが大切です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME